歯列矯正は、大人でもできる?何歳までOK?疑問を解決!

2018年10月28日

大人の歯列矯正も多い!

子ども時代、「ニコッと笑うと銀色のワイヤーが見える!」という同級生に出会ったことがありませんか?しかし、今や歯列矯正を行うのは子どもだけではありません。大人の歯列矯正も増えてきているといいます。

歯は常に動いているので、年々歯並びが悪くなってくることがあります。昔はそうでもなかったのに、大人になったら歯並びが悪くなった、という方もいます。また、見た目の歯並びは気にならないけど、噛み合わせが悪かったり虫歯ができやすかったりして、歯列矯正を始める人も多いようです。しっかりものを噛める、ということは食にとって欠かせないことですし、歯並びは体のあちこちにも影響が出てきます。見た目だけでなく、健康のために歯並びを治す、という30代以上の方も増えてきているそうですよ。

年齢制限はないが、難しいこともある

年老いても自分の歯でおいしくごはんを食べられると素敵ですよね。そのために歯並びを治したい、歯の健康を維持したい、という方におすすめなのが歯列矯正ですが、やりたくても難しい場合もあります。

大人の歯列矯正が難しいケースとして、現在の歯や歯茎の健康状態が悪い場合。子どもの頃は気にしない歯周病ですが、大人になると確実に増えてきます。歯周病が進行していたり、歯茎の状態が悪かったりすると、歯列矯正ができないことも。このように、すでに口内環境が悪くボロボロになった状態だと、歯並びを治せないこともありますので、自分の歯は矯正可能かどうか、まずは歯列矯正の専門医に相談してみると良いでしょう。

口を閉じた時に歯が見えたり歯が前に突き出しているのを出っ歯と言い、正しい位置に整えてくれるのが出っ歯の矯正です

更新情報

You Might Also Like