不規則な生活では髪は生えない!?育毛や発毛と生活習慣の関係とは

2018年11月28日

髪の毛は栄養が送られにくい

髪の毛というのは、別になかったとしても、命に別状はありません。ツルツルにハゲたとしても、普通に生きていけるのです。実はそれが、薄毛の原因になっています。生命維持に髪の毛は重要ではないということで、髪の毛へ送られる栄養は後回しにされてしまいます。心臓とか肺、脳など、あげればキリがないですが、人間の生死に関わる部分から栄養が補給されていくのです。ダイエットやバランスの悪い食事、不規則な生活をしていると、優先順位の低い髪の毛には栄養が行きにくくなるので、育毛や発毛することが困難になるというわけです。

髪の毛はとても成長が早い

育毛や発毛に生活習慣の改善が必要な理由の2つ目は、「髪の毛は成長が早い」ということです。髪の毛は「成長期→退行期→休止期」のサイクルを繰り返しています。その中で成長期は2年~5年あるのに対し、退行期は2~3週間、休止期は2~3か月となっています。成長期が一番長いので、今生えている髪の毛は成長期の状態と言えるでしょう。成長期の毛母細胞は、どんどん細胞分裂を繰り返して髪の毛を育てます。成長スピードが速いので、生活習慣の良し悪しが表れやすいのです。

麻薬や毒物は毛髪を採取して検査をしますが、それは、髪の毛を調べれば、何日前にどういう薬物を摂取したのかすぐにわかるからです。それだけ、髪の毛に影響が表れるのが早いということ。ストレス、寝不足、運動不足、食生活の乱れなどの生活習慣は、髪の毛にダイレクトに影響を与えてしまいます。

アートネイチャーとは、日本最大級のカツラ及びウィッグメーカーです。男女両方の商品を幅広いラインナップで提供しています。

アートネイチャーの口コミを読む

You Might Also Like